法律の解釈が曖昧な仮想通貨

仮想通貨の法律の解釈について

仮想通貨の取り扱いに関しては、日本では「仮想通貨法」と呼ばれているものが存在しています。そのため基本的な取り扱いや取引に関する内容は法律によって定められているのですが、ここで注意しておかなければいけないのが仮想通貨の法律上の取り扱いや定義がどのようになっているのかです。
実は仮想通貨法の中での仮想通貨の定義は非常に曖昧なものとなっていて、解釈次第によってはいろいろな意味に捉えられてしまう可能性があります。そのため法律の穴をすり抜けた取引などが出来るようになっていますし、今後どんどん複雑化していく仮想通過に法律が対応しきれなくなってくる可能性が指摘されているのです。
そしてこれは日本だけではなく、アメリカを始めとした世界中で同様の事態が起きているとされています。

今後の法整備が重要課題

このように法律上での仮想通貨の定義や解釈が曖昧になってしまっている要因として、世界中で仮想通貨に関する法的な議論が進んでいない点が指摘されています。特に仮想通貨を早期に導入したアメリカなどの海外で法整備が後手に回ってしまっているため、日本ではさらに対応が遅れてしまっているのです。
そのため現状としては仮想通貨を国が差し押さえたり操作できない状態となっており、万が一の時に対応できなくなってしまっています。そのため日本を始めとした世界中で仮想通過に対する法整備が重要な課題となっていて、今後は課税や会計に対しても法律を用いて明確な定義や取り扱いが出来るようになる事が投資家たちからも期待されているようです。

© Copyright Virtual Security. All Rights Reserved.