新たな仮想通貨とは!

仮想通貨はインターネット上の通貨

仮想通貨とは、通常の貨幣と違い目に見える形として存在しないインターネット上で取引される通貨で「暗号通貨」や「デジタル通貨」などとも呼ばれています。
インターネットの環境があれば、場所を選ばず世界中のどこにいても使う事ができ国境がありません。
また、仮想通貨には「取引所」によって法定通貨との取引され仮想通貨から法定通貨へ換金することが可能です。為替のように値動きによって取引されるため投資対象としても注目されています。
インターネット上で取引される仮想通貨は「ブロックチェーン」などの特殊なシステムで安全性を保っています。特定の国家や銀行に依存しない仮想通貨は戦争やテロなどで経済が不安定になっても影響を受けることがありません。そのため安全な資産の分散場所として利用されるケースも多いです。

ビットコインから始まった仮想通貨

仮想通貨は2009年にビットコインから始まり、現在では700種類以上あるといわれています。仮想通貨の先駆けであるビットコインは、お金のやり取りが記録された情報を世界中のどこからでも閲覧できる相互監視システム「P2Pネットワーク」で管理されています。ビットコインは利用できる店舗が増えたこともあり利用する人が増加しています。取引履歴が多くなると処理能力が追いつかず、承認にかかるスピードが遅くなってしまいます。そのため、システムの処理能力について事業者間での対立があり、ビットコインは分裂し新たな仮想通貨が誕生しました。
また、最近の仮想通貨は、初期の仮想通貨に多い単純に通貨の機能だけを持つ「仮想通貨1.0」、契約を盛り込めるなど通貨機能以外の価値を併せ持つ「仮想通貨2.0」という2種類に分類されることもあります。

© Copyright Virtual Security. All Rights Reserved.